再生可能エネルギーの推進

太陽光発電事業

国の方針として2012年春、再生可能エネルギー電力買取が始まり、当社が中部電力管内で初の発電所となる。
2012年11月より発電開始

デイトナ太陽光発電施設概要

<本社施設>
・(屋上設置)太陽光発電300kW級 年間発電量331,864kWh
・(地上設置)太陽光発電500kW級(太陽光パネル550kW)年間発電量622,403kWh
合計800kW出力の発電所となる。

<新規施設>
2016年8月に静岡県沼津市足高に、新設の太陽光発電所を設置。
・太陽光発電(地上設置)500kW級(太陽光パネル594kW)年間発電予測727,203kWh/年

デイトナ本社と足高の施設を合わせると、合計1300kW出力の発電所となる。

合計発電量予測:1,681,470kWh/年 1世帯当たりの年間使用量5,650kWh/年。
※(太陽光発電協会試算)297世帯分の電力量分にあたる。

その他
メガソーラー施設の検討、太陽光パネルのアフター関連、ケミカル商品の検討を行う(太陽光発電をメインとした)

デイトナ太陽光発電施設